K/M Blog.

陵クミコの情報とか萌えとか。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
| main | 2017年明けましたv >>
# Circle

Event--2017年 
オリジナルJUNEジャンルで同人誌活動中
とくに記載のないものは全て「Ni-Na」というサークル名で参加しています。
主にJ.GARDEN・夏、冬コミなどで出没。

 

Stock--ただいまの在庫状況↓

オリジナルJUNE本「幸せのうちに目を瞑って・2」R-18
2016年10月2日発行 B5/P20/フルカラー/¥300
オリジナルJUNE本「幸せのうちに目を瞑って」R-18 
2010年10月31日発行 B5/P40/フルカラー/¥500
2004年〜2006年に発行したコピー本シリーズ
『寒花・小春・時雨』を1冊に纏めました。

以下続編。

・・・・ストーリー・・・・
兄「冬弥」には秘密があるーーー。
弟「孝信」 は幼い頃から知っている冬弥の「秘密」を2人だけの秘密と約束させた。
「秘密」…それは冬弥の気持ちとは関係なしに男を引き寄せてしまうだらしない体。
昔、伯父に強要させられたことで精神が不安定になってしまった冬弥をどこか憎しみを
込めた目で見つめる孝信。
世間体のため、誰かれ構わず来るもの拒まず…の冬弥を見兼ねて孝信が冬弥の安定剤と

 

なり誰にも言えない関係が続くのだった。
「1年に1度だけ抱いてやる。それ以外は我慢しろ」
夏のお盆、いつも孝信は1日だけ冬弥に逢いに来る。
そしてまた今年も夏がやってくるのだが…。

オリジナルJUNE 兄弟ものです。
年下攻(兄(26才・作家)×弟(20才・大学生))



上記以外の本は完売です。
書店委託では
中央書店コミコミスタジオさんでお世話になっております。
ただ今委託して頂いてる本はありません。

 

Sold Out
完売↓(表記のないものは全てオリジナルJUNE本です)


ラッキードッグ1「confidentially 1」R-18
2010年8月14日発行A5/P24/フルカラー/¥300
  ベルナルド×ジャン×ジュリオ
 ベルジャン Goodルート後のお話。ジュリオの片想い。続編


オリジナルJUNE本「愛しい声-番外編-」
2011年8月14日発行A5/P20/フルカラー/¥300
 コミックス「愛しい声」の番外編。
コミックス後のお父さんたちのお話。



オリジナルJUNE本「純情恋慕、それから。総集編」R-18 
2010年12月30日発行A5/P58/フルカラー/¥500
 コミックス「純情恋慕」の番外本総集編。
以前出した1〜3を1冊に纏めました。描き下ろし少し有。

「純情恋慕、それから。3」
2010年3月14日発行B5/P24/フルカラー
コミックス「純情恋慕」の番外本3

「純情恋慕、それから。2」
2009年12月30日発行済 B5/P20/フルカラー
コミックス「純情恋慕」の番外本2 

「純情恋慕、それから。」
2009年10月25日発行済 B5/P20/1c
コミックス「純情恋慕」の番外本1表紙 

夏目友人帳本「四季折々」2009年6月1日発行済 B5/P16/フルカラー
オールキャラ&名取×夏目 ほのぼの系です。sample

「存在理由番外1」2008/12/30発行済 A5/P20/フルカラー
雑誌掲載「存在理由」の番外本です。鉛筆描き。ForAdult 表紙 sample  

 

 

Spare-完全総集編- 2008/08/17発行済 A5/フルカラーオフ/P108
  Spareの1+2(前編)+3(後編)の再録と終わりのページ
少し書き直ししてます。
学園もの



瞬きの七月 2007年9月発行済 B5判/フルカラーオフ/P24
 コピー本で出したシリーズ番外本act.1(寒花・小春・時雨)
兄弟モノシリーズのダイジェスト版
  

 

[W&B]2008年3月9日発行済 A5判/フルカラーオフ/P20
商業誌コミックス『White&Black』の番外本。


[幸せのうちに目を瞑って] 2007年冬コミ発行済 B5判
/表紙フルカラー+本文コピー(鉛筆描き)/P20
コピー本(寒花・小春・時雨)シリーズ番外本act.1.5


悪党 [P3]シリーズ番外 A5/1色刷り/P24 [P3](または3Pシリーズ)番外本。

 

 

Spare3[後編] A5判/フルカラー/P44 学園もの。シリアス漫画・後編

Spare1+2[前編] A5判/フルカラー/P68 学園もの。シリアス漫画・前編

 

| comments(0) | - | 00:00 | category: Circle |
コメント
コメントする